犬と猫の4コマ漫画 117:Wish list

 

 

 

 

 

あとがき

クリスチャンリースラッセンは、日本ではアールビバンが輸入販売元になっていて、その商売の手法が、いままでいろいろ物議を醸しています。

そういう色眼鏡で見ないで、純粋にラッセンの絵(リトグラフ?)を見ると、やはり心惹かれます。
そして、特に「ラッセンが好き」と言うわけではないですが、一枚だけ欲しいと思ったものがありました。

ラッセンの
”エンチャンテッドエンカウンター”
です。
ティンカーベルとイルカの絵です。

 

たまたまショッピングモールで展示・販売界をやっていて、通りがかって見かけました。

ズー太郎
ズー太郎

(奥さん、ティンカーベル好きだから、プレゼントしたら喜ぶだろうな~)

そのとき、大きいほうが80万?小さいほうが37万くらいだったと思います。
30分くらいその前で本気で悩んで、買う寸前まで行きましたが、
最後にお店の人から
「コチラでクレジットカードを契約してくれたら、融資枠を広げられますよ」
といわれて、我に返りました。

高額商品をカード契約させてさらに枠を広げて、分不相応の客にローンで買わせる
商法って・・・・・・・・・・

 

家に帰って奥さんにこの話をすると

奥さん
奥さん

欲しいけど、そんな高いもの、ウチには似合わないよ。それに、そんなお金があったら、みんなで旅行に行ったりおいしいもの食べたりしたい

 

そうでした。
「趣味は家族みんなの笑顔の中心にありますように!」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Count per Day
  • 23現在の記事:
  • 38915総閲覧数:
  • 84今日の閲覧数:
  • 173昨日の閲覧数:
  • 615月別閲覧数:
4コマ
スポンサーリンク
ズー太郎の日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました