お支払い方法の情報を更新してください

こんなメールが来ました。

Amazonプライムをご利用頂きありがとうございます。お客様のAmazonプライム会員資格は、2019/12/21に更新を迎えます。お調べしたところ、会費のお支払いに使用できる有効なクレジットカードがアカウントに登録されていません。クレジットカード情報の更新、新しいクレジットカードの追加については以下の手順をご確認ください。

  1. アカウントサービスからAmazonプライム会員情報を管理するにアクセスします。
  2. Amazonプライムに登録したAmazon.co.jpのアカウントを使用してサインインします。
  3. 左側に表示されている「現在の支払方法」の下にある「支払方法を変更する」のリンクをクリックします。
  4. 有効期限の更新または新しいクレジットカード情報を入力してください。

Amazonプライムを継続してご利用いただくために、会費のお支払いにご指定いただいたクレジットカードが使用できない場合は、アカウントに登録されている別 のクレジットカードに会費を請求させて頂きます。会費の請求が出来ない場合は、お客様のAmazonプライム会員資格は失効し、特典をご利用できなくなります。

Amazon.co.jpカスタマーサービス

支払方法の情報を更新する

 

実際のメールのスクリーンショットがこれです。

 

メーラーにすでに”meiwaku”と振り分けられてしまっているので、ネタはすでにばれていますが、続けましょう。

上図の「支払いの情報を更新する」を右クリックしてURLをコピーします。
そして、普段使わないブラウザ(私はEdge)で開けます。

 

おお、Amazonのログイン画面に飛びました。
そもそもこの時点でURLが

https://autobarneveld.nl/BU/

というわけのわからんアドレスなので、さらにネタバレしていますが・・・・・
どうでもよいことですが、”.nl”というのまオランダの国別コードトップレベルドメインです。

そして、”利用規定” ”プライバシーポリシー” ”ヘルプ”も全部このページに飛びますので、サイトの作りとしてはめちゃくちゃですね。

メールアドレスを入れるのですが、自分のメールアドレスを入れてもよいのですが、ここはウィットにとんだジョークで、このメールを送ってきたやつのアドレスを入れました。

amazon@hirosaki-jc.com

です。
パスワードも適当に入れました。

本物(なわけありませんが)だったら、ログインできるはずはありませんが、

amazon@hirosaki-jc.com

123456

 

でクレジットカードの情報入力画面に飛べました。

 

せっかくなので、でたらめのクレジットカードの番号を入れました。
そうすると、ちゃんと次の画面にログインできました。

有効期限の部分に1324、つまり2024年13月 といれてもエラーは出ません。
安っぽい作りですね。

 

ここまで来たら、カードのパスワードも入れてみます。

ahoaho123(=アホアホ123)と入れてみました。

 

これで終了ですが、ご丁寧に最後は本物のAmazonのサイトに自動的に飛ぶように細工してありました。

 

以上です。
良い子の皆さんはこんなこと、マネしないでください。

って、そんな暇な人いませんね。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Count per Day
  • 130現在の記事:
  • 31466総閲覧数:
  • 35今日の閲覧数:
  • 92昨日の閲覧数:
  • 868月別閲覧数:
車&PC
スポンサーリンク
ズー太郎の日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました