MA-1をにわかファンが語る 

MA-1のにわかファンのズー太郎です。

にわかファンのクセに、MA-1の魅力を一方的に語ってしまいます。

 

まずは

スポンサーリンク

MA-1とは・・・・

MA-1は、フライトジャケットの一種である。アメリカ軍における軍用品規格番号はMIL-J-8279からMIL-J-8279Gまでの八つ。アルファ・インダストリーズ[1]製のものが広く流通しているが、他にスカイラインクロージング等の軍納入業者の物が確認されている。読み方はエムエーワンだがマーワン、マースト、エムワン等と語呂良く呼ばれることが多い。
WikiPedia

もちろん現在出回っているものの大半はレプリカです。
その中でもメジャーなのが、Alpha IndustriesとAVIREXです。Alphaのほうが若干低めの価格設定です。
今回私が購入したのはAlpha Industriesですが、Alphaは現在edwinがライセンス生産をしています。

そのMA-1です。

う~ん、かっこいい!!

 

スポンサーリンク

導入の背景は・・・・

軍用機の多くがプロペラ機からジェット機に移行するに従って飛行高度も高くなり、フライトジャケットに付着した水分が氷結して乗組員の活動の妨げになることがわかったため、それまでの革製フライトジャケットではなくナイロン製のフライトジャケットが考案された。1950年代初頭に、先行するB-15型フライトジャケットの後継としてアメリカ空軍が開発したのが、このMA-1型フライトジャケット(ボマージャケット)である。
WikiPedia

 

高い飛行高度でジャケットに付着した水分の氷結防止
⇒皮製からナイロン製へと素材が変更された

つまり、MA-1はナイロンジャケットなのです。
もちろん皮製もありますが、こういった背景を知ると、ナイロンジャケットのものがかっこいいですね。
しびれます、こういう背景を持っている製品って。

 

スポンサーリンク

特徴は・・・・

狭い軍用機内で様々な機材や機器にひっかからないよう、極めてシンプルな外見を与えられている。また、後ろ身頃の丈が前身頃(腹側)より短くなるようにされている点にも特徴がある。これは航空機のシートに座った際に、尻と腰の間に生地が挟み込まれないためである。 1stタイプから始まり、5回目の改良で生まれたDタイプではリバーシブルで、外側はセージ・グリーン(Sage Green )というくすんだ緑色になっている。 内側はインディアン・オレンジというエマージェンシーカラーの橙色が採用される。 脱出または墜落した場合、ジャケットを裏返して着用し、救出部隊に発見されやすくするためである。 インターミディエイトゾーン用、すなわち10℃から-10℃の気温で着用される。フライトジャケットだがグランドクルーの防寒用ジャンパーとしても使用された模様である。縫製は極端に目の詰まった縫製が縫い目に奥のシワを生み出し、このシワがインナーライナーを固定するとともに保温効果も出している。 斜めにカットされたハンドウォーマー、上腕部にシガーポケットとペンホルダーを装備するなど独特のデザインになっている[1]。 アメリカ海軍やアメリカ陸軍にも採用され、1950年代から1980年代を通じフライトジャケットの定番となった。派生型として、フードが付けられたN-2Bタイプや、更に丈が長いコートタイプのN-3Bタイプがある。
WikiPedia

 

狭い航空機のシートに座る
⇒後ろ身頃の丈が前より短く設計

 

遭難時に発見されやすくするため
⇒内側がエマージエンシーカラーのオレンジ

 

インナーライナーを固定するとともに保温効果を出す
⇒極端に目の詰まった縫製

 

手袋をした手でも扱いやすくする
⇒フロント部のジッパーのもち手は大きめ

 

 

つまり、MA-1は、機能性を追及した究極の形です。
機能のみをひたすら追求して進化しつつ、左腕のシガーポケットを装備しているところがにくい演出ですね。

 

ここで

ALPHA INDUSTRIESから引用です。

スポンサーリンク

MA-1

1950 年代中期に採用されたインターミディエイトゾーン(-10℃~10℃)向けの飛行服。
一切の無駄を排したフライトジャケットの完成形としてミリタリーウェアの指標ともされている。
裏地のオレンジは、戦闘機から脱出したパイロットがオレンジ色を表にして着用することで、 レスキュー部隊に発見されやすいように開発された実用的なディテールでレスキューオレンジと呼ばれている。

 

スポンサーリンク

N-3B

アラスカなどの寒冷地、-10℃~-30℃のヘビーゾーンにおける地上作業用として開発された。
低温にさらされる屋外でも、手袋をしたまま使う事が出来る大きめのハンドウォーマーや
取り外しが容易に行える大きめのフロントボタン、雪の中でも視野を確保しやすいよう開発されたフードなどが特徴。
フード内側にはボアを搭載し、高い保温性を確保。デザインと機能に優れた逸品である。

 

スポンサーリンク

N-2B

N-3B と同様、寒冷地、-10℃~-30℃のヘビーゾーン用に開発されたモデル。
N-3B の機能やデザインをほぼ踏襲しているが、N-2B は操縦用ジャケットであるため、 操縦時に座っても邪魔にならないよう着丈が短く、狭い場所でも自由に動きやすい作りになっている。
また、ヘルメットが着脱しやすいようフードの中央からジッパーで開閉が出来るのが特徴。

スポンサーリンク

N-1

1940~50 年代、米海軍の甲板作業員が着用していたジャケット。
遮風性の高い肉厚のジャングルクロスや衿ボア仕様など、高い防寒性を実現。
さらに袖口内側にニットリブを装備、衿を立てて固定出来るストラップが付属するなど、 厳しい環境下で作業する作業員を支え続けた。
甲板(デッキ)で着用するジャケットから、N-1 デッキジャケットと呼ばれている。

 

スポンサーリンク

CWU-45P

アメリカ陸・海・空の三軍および海兵隊において正式採用されている、インターミディエートゾーン(-10℃~10 ℃)用現行型フライトジャケット。
丈が短く、丸みのある衿や左右の大きなフラップポケット、左腕のシガレットポケットが特徴的で、その機能性と完成度の高さから根強い人気を持つ。

スポンサーリンク

B-15

1940 年代に誕生した初のナイロン製インターミディエイトゾーン(-10℃~10 ℃)用ジャケット。
第二次大戦の終結直前に世に出たB-15 シリーズは、その後のアメリカ空軍誕生、ジェット戦闘機や爆撃機の登場という時代の流れの中で洗練され続け、 アメリカ空軍における主力防寒フライトジャケットの地位を築いていった。
その後のMA-1やCWU-45/P へと続く近代的フライトジャケットの代名詞でもある。

 

スポンサーリンク

M-65

1965 年にアメリカ軍に正式採用されたことからM-65 FIELD JACKETと呼ばれている。 後のミリタリーウェアに強く影響を与えた傑作ウェアの一つ。
背中のアクションプリーツ、ウエストのドローストリング、袖口の折込式フラップなど、 機能性に優れた多くの仕様が備わっている。
アメリカ軍への納品実績があるALPHA 社M-65 は”本物”と言える逸品である。

引用元:ALPHA Industries

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Count per Day
  • 30現在の記事:
  • 30671総閲覧数:
  • 73今日の閲覧数:
  • 116昨日の閲覧数:
  • 73月別閲覧数:
日常
スポンサーリンク
ズー太郎の日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました