クッピーラムネって知ってる?グッピーラムネじゃないよ!!

カテゴリー

先日娘が、近所のスーパーマーケットでクッピーラムネを買ってきました。

皆さんご存知ですか、クッピーラムネ。

小さい頃はグッピーだと思っていました。

飲食店とかで、帰りに子供にくれたり、遠足で配るお菓子の詰め合わせに良く入っているラムネです。

でも、ちょっと大きいんです。
ほら。

大きさがうまく伝わりませんが、こんな大きさです。

カクダイ製菓のラムネ菓子は、駄菓子屋のくじ引きの残念賞という位置づけの商品として、昭和25年からはじまった。そのために当時は個別包装はされておらず、まとめて瓶詰めの状態で販売されていた。

昭和30年頃、認知度が高まったことから、セロハンで包み、両端をリボン状にひねり包装するスタイルで単体商品として発売されるようになった。これが「クッピーラムネ」と命名されて販売されるようになったのは昭和38年で、それまでは業界内では出荷ダンボールに添付される責任票の図柄から「グッピーラムネ」という愛称で呼ばれていた(ただし責任票の図柄はグッピーではなく、二匹のエンゼルフィッシュである)。

愛称にちなんで「グッピーラムネ」となる予定だったが、語感がよりきれいな「クッピーラムネ」と名付けられた。

WikiPedia

はい、毎度毎度、オチ無しで、困ったときの猫さんの登場です。

またオチ無しニャンか~。もっとネタをしっかり考えるニャ~