名言?迷言?嫁語録。うちの奥さんと車は ”水と油”

カテゴリー

月々3万円の小遣いのズー太郎です。
皆様、お小遣いはおいくらですか?

いきなりですが、別ブログでは超有名なうちの奥さん。


とにかく私は車が好きです。
走り屋でもなく、DIYの整備の達人でもないのですが、車を運転しているだけで楽しいです。車が好きなんです。車道楽なんです。
一方、ウチの奥さんは現実的で、私の車道楽のストッパーになっています。


気のせいかもしれませんが、うちの奥さん、ちょっとだけ、コイツに対して風当たりが強いです(笑)。

奥さんの風当たり、ちょっと強いっす、この車

まあ、夫婦二人して車道楽をまい進したら、家計がえらいことになって、子供三人養って行けませんが。

このストッパーとは良い響きですが、言い換えれば奥さんと車は
”水と油”です。


スポンサーリンク

嫁語録

事ある毎に、奥さんのM3に対する鋭いお言葉が、ズー太郎の心に突き刺さります。

当ブログでは馴染みがないと思いますので、嫁語録をご紹介します。

奥さんが生んだ数々の名言(迷言)をご紹介します。




黒のホイールが欲しくて毎日eBayを物色していた頃、

私:「クリスマスプレゼントはホイールがいいな。サンタさんにお願いしよっと」
嫁:「サンタさんが煙突から入れるように、SECOMを切っときや。」

⇒結局、後日に”スイートテンホイール”って言って、買ってくれました。

スイートテンダイヤモンド
ならぬ
スイートテンホイールです

M3のシフトノブをネットで物色中に

私:「たかがMTノブが、なんでこんなに高いねん。」
嫁:「高い車に乗っているからや。維持できないのは、分不相応やからや。」





アクラポヴォッチ(=車の部品、約100万のマフラー))購入の攻防偏です。

出展:橋本コーポレーション
私:「マフラー欲しいな~」
嫁:「車売って買えば?」
私:「マフラー欲しいな」
嫁:「もうすぐあったかくなるからいらんよ」
(そりゃ、マフラー!。いっしょか(笑))
私:「ヤフオクに出てるこれ(マフラー)欲しいな」
嫁:「ナンボ?」
私:「40万。定価は100万!!」
嫁:「マフラー40万って、高すぎるや。あんた天皇陛下か?」
私:「マフラー欲しいな」
嫁:「単なる空気の通り道に40万も高すぎるやろ。」

お友達のお車(白)を見た後で

私:「次の車は白もいいかな?」
嫁:「次の車は無いで。今の車、一生乗りや。」

スイスポ(スイフトスポーツ)の試乗&見積もりの後に

私:「コミコミ230万。洒落で買う額じゃないな」
嫁:「時計、一つ売れば?」
私:「一つじゃ足りない」
嫁:「じゃあ、全部売れば?」

買えもしないジョンクーパーワークスを試乗して。

私:「車輌ベース価格398万円・・・・」
嫁:「いいよ。買ったら!?」
私:「えっ、いいの?」
嫁:「いいよ。でも学費やらなんやらお金がかかる娘3人(当時10才、9才、5才)をかかえて、高い車買ったら、後で複雑な罪悪感が襲ってくるで」

さらにさらに買えもしないヴァシュロンコンスタンタンをウィンドショッピング(死語?)したときに

私:「この(300万の)時計が欲しい」
嫁:「ポイントためて買ったらいいよ」
(何のポイント?)

取り付けたナビの動作確認の試走行から帰って

私:「ステアリングアングルセンサーだけ拾ってるな~」
嫁:「アンゴラ村長?」