娘が突然小動物好きの遺伝子を発現。そんなことも遺伝するのか?

カテゴリー

昔、”血族”という小説がはやりました。

本をたくさん読む兄と違って、私は活字が大の苦手なので、その小説は(兄が買って家に転がっていましたが)読みませんでした。

その小説がどういう内容かはわかりませんが、我が家でも

「ザ・遺伝」

という出来事が起きています。

画像は内容とあまり関係ありません。

ズー太郎の父は、田舎育ちのお百姓さんの出身で、野山で遊びまわって育ちました。
そして、ズー太郎が小さい頃、父はいろんなところに、生き物採集へ連れて行ってくれました。
日曜日ごとに、10km-20km自転車で走って山までいって、フナ、鯉、ドジョウ、オイカワetc、バッタやキリギリスを捕まえに行ったり、土手にウサギの巣を見に行ったり、とにかく父にべったりついて回って、いろんな生き物を捕まえて家で飼っていました。

道を歩いていても、溝に何かいないか、壁に何かいないかと、ずっと生き物を探して歩いている子供でした。

今まで飼ったものを羅列すると、亀は最高一度に13匹、庭の池にライギョブラックバス(規制ができる前です)、時にはアオダイショウヤマカガシハムスタージュウシマツセキセイインコ、庭の小屋にはアヒル合鴨柴犬、台風で落ちて親がいなくなったキジバトを赤ちゃんから育てたり。

そんなズー太郎ですが、さすがに社会人になって、盆や正月も無く働きずくめで1年中休みが無いようになり、生き物をぱったり飼わなくなりました。

そのうち結婚して、長女・次女が年子で生まれました。

長女が5歳?6歳?になったときに、突然、いろんな小動物を捕まえては、家にもって帰って、飼いたいと言い出しました。
もちろん結婚してから一度も、私自身が動物を飼ったり、動物の話をしたりしなかったのですが、ある日突然、長女の動物に対する猛烈な執念・怨念が芽生えました。

その怨念は、まさに私の子供のころそっくりなんです。

The 遺伝

こういう発現形式の遺伝ってあるのでしょうか?

それから、カブトムシ(幼虫から)、ハムスターカメレオンデグー金魚ナマズうなぎウーパールーパーカメドジョウタウナギ豊年エビ(シーモンキー)おたまじゃくしアマガエルネコアリ地獄磯ガニイモリ・・・・・・・

ウーパールーパー

ナマズ

カメレオン

デグー

以上は過去のペット(画像が残っているもの)です。

以後、現在のペットです。

にぎやかな我が家です。

まあ、一番にぎやかなのは、三人娘です(笑)

5年前にチョット背伸びしておしゃれな家を建てましたが、家の中にこれだけ動物がウジャウジャいたら、おしゃれもクソもあったモンじゃありません。