CEOズー太郎 Part2

カテゴリー

CEOズー太郎 Part2

先日、大きな危機を見事に切り抜けたCEOズー太郎です。

人間、長い人生の中で、いくつかの危機に直面する

といいます。
その危機は・・・・

CEOズー太郎は、コドモの頃、 irritable bowel syndromeに悩まされていました。
別に塾が嫌い、学校が嫌いというわけではありませんが、
”朝学校に行く前にお腹が痛くなる”
”塾に行く前にお腹が痛くなる”
という怪奇現象に悩まされていました。

もちろん、日曜日などに遊びに行く前にはお腹は痛くならず、周囲から
「サボり病」
だとか
「塾嫌い」
といわれていました。

小学校5年生のとき、塾の算数の授業に行く前にお腹が痛くなって、駅のトイレでしばらく瞑想してから塾に行くと、少し遅刻してしまいました。
(今思い出せば)ボブディランに(本当に)そっくりの算数の教師が

「嫌いだったら私の授業はきかなくていい、帰りなさい」
「いえ、先生、お腹が痛くなって遅れました。」
「だから、イヤなら聞かなくてよい」


といって、スリッパで頭を殴られました。

そんな幼少期のつらい病気を、CEOズー太郎は強靭な精神力で克服しました(嘘)。

ーまだ続くー

スポンサーリンク

克服したはずが・・・

先日、重要な用件でクライアントに面会に行く途中での出来事です。
重要な用件なので、できるCEOは、公共の交通機関を使います。
電車を取り次いで、電車を下りて約20分の徒歩での道のり・・・

徒歩の道のり

(うっ、いかん、強烈な腹痛が。いや、CEOの感からすると、腹痛ではなく便意だ)

道すがら、トイレが無い。

腹が痛い、トイレが無い、腹が痛い、トイレが無い・・・

とそのとき、


童謡「うさぎとかめ」(作詞:石原 和三郎/作曲:納所弁次郎)
みんなが知っているこの童謡が、このピンチを救ってくれるとひらめいたのです。
>もしもしかめよ
このリズムに乗せて
>かめさんよ
あくまでこのリズムで歩幅と足の回転を上げてゆきます。

すばらしい。この調子で行けば、腹痛を克服できそうだ。

しかし、

>なあんとおっしゃるうさぎさん
あたりから雲行きが怪しくなりました。

ーまだ続くー

そのときです

そのときです。

出典元:写真AC

こんな街中に神社が!
まさに神からの助け舟が。
しかもトイレがある!!

と思ったのもつかの間、トイレに入ると

「神が無い! いや、紙がない!!」

男は人生で3度、大きな苦難に直面するというが、今がそのときか。

いやまて、先ほど駅の歩道橋でもらったティッシュがあるはず。

あった、ティッシュが。しかし、枚数が少ない。なぜ、こんなに少ないのだ。

慎重かつ丁寧な作業で、少ない紙の苦難を乗り越えました。

克服したはずの病気ですが、このようにたまに再燃します。
いや、しょっちゅう再燃します。
実は毎日のように再燃します。

もしや、治ってない(笑)?


IBS・・・・・
決して医者が嫌いではありません。医者に行くと思っただけでお腹が痛くなるだけです。

スポンサーリンク
よろしければシェアしてください
Count per Day
  • 67現在の記事:
  • 11106総閲覧数:
  • 10今日の閲覧数:
  • 2010月別閲覧数: